キャッシングのおすすめは「銀行ローン」

キャッシングを利用しようとしたとき、すでに一定以上の知識がある人ならばどのキャッシングを利用すべきなのかを判断することは難しくありません。しかし、あまり知識が無い人や初めて利用する人にとっては大きな問題となる可能性があり、ここでの選択如何ではその後の環境が大きく変わってしまう可能性もあるので注意が必要です。

大きく分けると「消費者金融系」と「銀行系」に分けられるのですが、この内おすすめと言えるのは後者「銀行系」です。いわゆる銀行ローンと呼ばれるものがこれに当たり、銀行が発行しているカードローン全般を指します。一部、一般的には消費者金融として認識されているカードローンであっても、実は銀行系カードローンと言うものもあります。

銀行ローンがおすすめ出来る理由は「金利」と「上限金額」によるものです。総量規制対象外である銀行ローンは、借入れ上限金額が高くなりやすい点と、それに併せて低金利での利用が出来る可能性が高いカードローンです。

銀行員はキャッシングをしてはいけないのか

銀行員はお金の扱いに慎重さを求められる職業だけに、借金をしてはいけないと思われがちですがそのようなことはありません。
銀行に勤めているからといって借金を許されないのであれば、家や車のような大きな買物をすることは禁止されていませんから、借金をするということ自体は問題がありません。
そのため、銀行員だから借金をしてもいけないというルールであったりキャッシングをしてはいけないという法律もないので、ルール上の問題はないのです。

しかし、銀行に勤める前の話であればキャッシングを利用をしたことがあるとなると、信用に問題が発生するので採用に大きな影響を及ぼす可能性のあることだけに、銀行で働きたいと考えている人は注意をしなければなりません。
また、すでに働いている場合にもキャッシングを利用して返済が滞ってしまったという事故を起こした場合、信用に関わる問題だけにすぐに解雇になるといったことはなくてもペナルティを受けてしまうおそれがあるので気をつける必要があります。

1万円からでもキャッシングは利用できる

少額の1万円からでも利用できるのがキャッシングの魅力です。元々、キャッシングというサービスは銀行などの大手の金融機関を利用してお金を借りることができない人のために作られた小口の融資なのです。そのため、大きなお金を借りることはできませんが小さなお金を借りることに関しては何の制限もありません。これは、キャッシングに適用される法律的な規制が融資の枠にも影響を与えていると言えます。銀行の融資は銀行の判断で融資の上限を大きくすることが可能なのですが、実は貸金業者にはそのような権限が存在しませんので消費者金融が勝手に大きなお金を貸すことが認められていません。具体的には、総額で年収の三分の一を超えない範囲で融資をしなくてはならないので、それを超える融資はできないわけです。キャッシングで1万円から借りることができるのは、その融資が限度額の枠内に収まっているからに他なりません。こうした法律的な規制がある限りは、少額でお金を借りることができるのです。