1万円からでもキャッシングは利用できる

少額の1万円からでも利用できるのがキャッシングの魅力です。元々、キャッシングというサービスは銀行などの大手の金融機関を利用してお金を借りることができない人のために作られた小口の融資なのです。そのため、大きなお金を借りることはできませんが小さなお金を借りることに関しては何の制限もありません。これは、キャッシングに適用される法律的な規制が融資の枠にも影響を与えていると言えます。銀行の融資は銀行の判断で融資の上限を大きくすることが可能なのですが、実は貸金業者にはそのような権限が存在しませんので消費者金融が勝手に大きなお金を貸すことが認められていません。具体的には、総額で年収の三分の一を超えない範囲で融資をしなくてはならないので、それを超える融資はできないわけです。キャッシングで1万円から借りることができるのは、その融資が限度額の枠内に収まっているからに他なりません。こうした法律的な規制がある限りは、少額でお金を借りることができるのです。